更年期対策、ホットフラッシュの治療

タオルホットフラッシュとは、更年期障害になった場合に起こる症状のことで、多くの女性が悩まされているのです。
体がほてったり、のぼせている状況が続くと集中力も低下してしまうため、その対策と治療方法について知っておくと良いでしょう。
この症状になっても、体内に女性ホルモンをしっかりと補充できれば緩和できます。そして、突然のぼせたら、首から上を何らかの方法で冷やすようにすればいいのです。
体がほてった時のために調整しやすい衣服を着ることもポイントです。
また、カフェインや刺激が強い香辛料はホットフラッシュの症状を強くする恐れがあるので控えた方が良いでしょう。
他にも細かい対処方法がありますが、それはまた、追々載せていきます。

知って得する老化防止の美容法

紫外線対策現在では、老化現象のいちばんの原因は紫外線による光老化だと言う説が定番になっています。
紫外線の影響で体の中では「活性酸素」が生まれるのです。そしてこれは増え過ぎると細胞にダメージを与えるため、そのダメージが引き金となって様々な老化現象が引き起こされると言うのが光老化です。ですから最も簡単に行えながら、最も老化防止のために効果が期待できる美容法としては、紫外線対策を行うことが挙げられます。日差しが強い季節は勿論のこと、肌のたるみにつながる紫外線A波は季節を問わず降り注いでいますから、曇りの日でも冬の日でも、紫外線対策をすることが重要です。

肌を意識することで身体の老化防止にも

酒肌の老化は早く、20代で始まってしまう人もなかにはいます。
老化防止をするために出来ることは多いです。
まず、酒やタバコの過剰摂取をやめることです。
たとえば、豊富にビタミンCをとっていて、サプリメントを摂取していても、タバコによりビタミンCが破壊されてしまえば、そこまで摂った栄養が意味の無いものになってしまいます。
そして、お肌にはいつも潤い感をたっぷり与えて、顔を洗ったら保湿もしっかり与えるといったケアが必要です。老化の原因は、潤いを無くしたお肌からはじまるということを覚えておきましょう。

簡単な計算や暗記といった脳トレが老化防止に

脳トレ老化防止の効果的な方法の一つは脳トレです。
脳トレといっても特別な道具や教材が必要なわけではありません。簡単な計算や暗記だけで十分な効果が期待できます。
では、実際どのように脳トレをすることができるでしょうか。年配者はスーパーで買い物をするとき、買い物の合計金額を暗算できないため一万円札や五千円札を出すことが観察されています。ですから買い物のときは、大体の数を暗算するようにしましょう。また、覚える能力を高めるために、お店の店名や電話番号などを暗記することもできます。
このようにして日常生活の中で頭を使うようにすることは老化防止の大きな助けになります。テレビよりも活字を読むようにしましょう。ちょっとした努力で老化に逆行することができるかもしれません。

ホットフラッシュ!突然の発汗

突然の発汗更年期障害は、40歳後半くらいから起こる不快な症状で、女性に多いですが、近年では男性にも悩む方が増えています。
主な症状は「ホットフラッシュ」と言われる、のぼせやほてり、急な発汗、落ち込み、頭痛や肩こりなどがあります。ホルモンが乱れることが原因なので、自律神経に関するものと精神的な面でものが混在していることが多いです。
特に多い症状で、更年期障害を迎えた人の半数以上がなり、数年続きます。突然顔が熱くなり、汗が大量に出て数分続くのが特徴の一つで、汗が引くと、とたんに寒くなります。顔がのぼせているような状態になりますが、脚や手は冷えていることが多いです。精神症状では憂うつが多く、約4割の人がなります。